龍の日記

日記とギター関連雑記

ぽんしゅ館の利き酒番所に行ってきた

ネットでは有名な場所ですが、ようやく行ってきました。

ponshukan-niigata.com
新潟駅は実家に帰る時に何回も使っているけど、今回初めて入ってみた。

f:id:popkiller:20171203165550j:plain

システムとしては、500円払うと5枚のコインがもらえて、1枚のコインでお猪口1杯分の日本酒が飲めるというやつ。
何が素晴らしいって、ここだけでほとんどの新潟の酒を飲めてしまえるようだ。
私は日本酒はそんなに量を飲みたいとも思わないし、普段は飲まないのだが、こう少量で色々なのを飲むとなると
「なるほどー、なるほどー」
ってどんどん飲んでしまう。

ちなみにここで肴になるものは味噌と塩である。
無料で味わえるのだが、それぞれ結構味が違って楽しい。
うーん。いいねー。


日本酒が飲める人は新潟に行ったときには行く事をお勧めします!

北浦和 だるま

https://tabelog.com/saitama/A1101/A110102/11027685/

スパ銭の後に行ってみた焼き鳥屋さん。中々システムが面白かった。

まず、席料300円がある。
これは必須なんだけど、これでコールスロー、ピリ辛きゅうり、もやしナムルが食べ放題になる。

吞兵衛ならこれだけで済みそうである。

他に選択自由なお通しが350円。チキンサラダとペンネナポリタン。これも食べ放題。私としては好きじゃないものなので遠慮しておいた。

 

面白いポイントとして、全体的にサイズが大きい。

飲み物ではホッピーセットを頼んだけど微妙に高く「ちょっとコスパ悪いかな…」とか思っていたら、ナカが入れられてないグラスにホッピーソト、そしてナカが普通のサイズのグラス一杯注がれていたのだ。
うぉ、普通の店のナカ何杯分だ…?ホッピーセットを頼んで、次にナカではなくソトを頼むことになるとは…公式の比率で行くと何回かソトをお替りしてしまうような量だぞ…

うーむ。面白い。

ちなみに店内に書かれているメニューは多いが、手元のメニューにはあまり種類がない。

 

機会があったらまた行ってみようと思う。

 

8弦マルチスケールと普通のギター

www.youtube.com

最近またちょくちょく8弦ギターを弾いている。
そういう曲を書いているからだけれど。
8弦ギターメインで6弦を弾いてない時間が殆ど…という時期もあったが、そうではなく6弦をメインにした時期を挟んだことにより、マルチスケール(ファンフレット)の特徴はより分かるようになった。

やっぱり、斜めになっていて1弦側がロングスケールだろうと、若干スケールが長い感覚がある。普通に弾いているとあんまり感じないのだけれど、ストレッチ系だと感じる。
例えばこの動画でもやっているような、3弦と1弦で1弦3音のディミニッシュのアルペジオなんかだと弦をスキップすることも相まってどうも6弦とは感覚が違う。端的に言えば少し弾きにくい。

逆にコードに関しては何も不自由がない。

斜めセーハなんかは少し難しいとは思うのだけれど、ロックの範囲だとまずやることがないので問題にはならないといえる。

そんな小さい違いに気付いた今日この頃である。

最近のギター

www.youtube.com

段々と慣れてきた……フレーズちょっと変えた。

 

www.youtube.com

流石にいつもと違うギターだとちょっと難しいですね。弾けないなー。

 

www.youtube.com

ロックらしい荒々しさとちょっと変わったフレーズのバランスが難しい。

 

北区 ゆの花

露天風呂 ゆの花

露天風呂ゆの花 : 北区 東京銭湯マップ

 

行ってきた。
最近スーパー銭湯続きだったので、その癖がついてしまったのか、タオルとバスタオルは持っていったんだけど、ボディソープとか一切持っていかずに店に入ってから気付いた。

ちゃんと小さいのが売っているのでこういう時も問題ないです。

ここは銭湯なのに露天風呂があるのがいいんだなー。湯の花を使った再生温泉とのことで、白いお湯の露天風呂がいい感じです。今回は誰もいなくて貸し切り状態でした。

お湯の温度は全体的にぬるい感じで、長湯するのにはいいですね。電気風呂も弱めなので、強いのが苦手な人でも大丈夫。

湯上りには缶ビールを頂きました。

北浦和のスーパー銭湯 湯屋敷 孝楽に行ってきた

www.yuyashiki.com

ここ、かなり良かったです。

まず、駅からそれなりの距離があるスーパー銭湯も多い中、普通に歩いて行けちゃう。
公式サイトによると徒歩7分ですが、東京メトロなどの巨大な駅構内に慣れている我々都民からすると随分と近く感じるのでは?

気に入ったお風呂

湯腰掛

寝ころび湯屋敷

寝ころび湯はかなーりいい感じ。
その名の通りお風呂で寝ころべる。暗い中で目を閉じて湯に浸かる。。。最高かよ。

 

料金は休日でも700円でレンタルタオルセットが200円。
合計900円での贅沢です。素晴らしい。
勿論サウナや水風呂はあるので、定番は大丈夫。
内湯でお湯の温度が高い風呂がないのは頑固なおっさんには残念か?

しかし自分的には今までのスーパー銭湯でも1,2を争うくらいの場所です。

生ビールも500円でぼったくり価格ではないので、湯上りにビールという最強コンボもOK

かなりおすすめなスーパー銭湯でした。

ギター機材の変遷

私のYouTubeの動画でも結構機材が変わっているのだ。
ということで、ちょっと見てみよう。
今残っている最古のものは下のやつ。

BEHRINGERのV-AMP 2というやつで弾いていたはず。

www.youtube.com

 

次にプラグイン時代になる。

最初はLine 6のPOD Farmであった。

www.youtube.com

 

次はAmplitubeを使うことになる。3だ。

コッチの方がPOD Farmより弾いていて好みだったのだ。

www.youtube.com

私にしては珍しくウェット気味な音もある。

www.youtube.com

 

で、最近はKemperが殆ど。

www.youtube.com

 

ちなみにこれはZOOMのG5。
色んなエフェクトがあるので、ちょっとだけ遊んでみたのだ。

www.youtube.com

 

ライヴに関して言うと、最近はJC-120にZOOMのMS-50Gを突っ込むだけ。

なんというか、楽なんである。

www.youtube.com

 

とこんな感じになっている。

機材の変化でそこまでサウンドは変化しないが、最近は使うアンプのモデルを変えているので前と変わっている。

昔はスタジオでマーシャル直結状態だったので、それに近いサウンドにしていた。勿論マーシャルのモデリングである。

最近はENGLだなぁということで、ENGLのプロファイルやアンプモデルにしている。結局は機材よりそっちの変化の方が大きいのであった。