龍の日記

日記とギター関連雑記

デジタルの手軽さを利用して、キャビネットシミュレーションを変えて試してみる

最近家で練習している時はZOOM G1onを使っている。
リズムマシンまで付いているので完璧なのだ。

ZOOM ギターマルチエフェクトプロセッサー G1on

ZOOM ギターマルチエフェクトプロセッサー G1on


そのG1on、アンプシミュレーションが当然入っている訳だが、ここでデジタルならではともいえる、キャビネットだけ変えるというのが最近は面白い。

通常、アンプモデルを選択するとそのアンプのキャビネットが選ばれる。
しかし、キャビネットは個別で変更可能なので現実では手間がかかって大変なこの変更も簡単なのだ。
面白いのはスタックアンプだけではなくコンボアンプもキャビネットは個別であること。
リアルアンプでは到底考えられないような組み合わせが出来る。

こういうのはもちろんAmplitubeでも出来るし、最近のアンプシミュレーターなら大抵のものでできるのではないか。
リアルアンプとは違うものだからこそ、その利点を活用するのが面白いのではないかと思う今日この頃だ。

【日本正規代理店品】IK Multimedia iRig (iOSデバイス用ギター/ベース・インターフェイス) IKM-OT-000001

【日本正規代理店品】IK Multimedia iRig (iOSデバイス用ギター/ベース・インターフェイス) IKM-OT-000001