読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

龍の日記

ロックバンド Aldevetz, シンフォニックメタルバンド NetherAngelに所属して8弦ギターを弾いているRyuの日記

コスパ最強にしてコンパクトなギターシステムを考えて作ってみた

ギター

タイトル通りのシステムを作ってみた。
ライヴ等ではなく、自宅で練習する為のものです。
条件として
・安い
・場所を取らない
・ちゃんと演奏出来る
・それなりのサウンド
・音作りでの自由度がある
を付けました。

ギター本体

フィンガーボードがメイプルなのは個人的好みです。
これはUniverseシリーズといって一番安いやつですが、その割にはちゃんとしています。



さて、ギター本体は安い割にちゃんとしたものを選べましたが、ここからが問題ですね。
エレキギターというのはアンプを含めて音作りをするのですから。

更に今回は音作りの自由度も考えています。
仮にいいアンプがあっても、アンプ直では自由度が高いとは言えません。
そんな訳で新しい技術を頼って次のものを仕入れましょう。

パワーサプライ

ここで意外なものが登場です。
これをパワーサプライのように使うことにします。

エフェクター

ZOOM ギターマルチエフェクトプロセッサー G1on

ZOOM ギターマルチエフェクトプロセッサー G1on

1万円以下で手に入るマルチエフェクターの中では音質、音作りの自由度共に圧倒的な存在でしょう!
さらにUSBケーブルでの電源供給で動作可能!
先程のに繋いで動かします。
今回はアンプの代わりにこのエフェクターのアンプシミュレーターを使います。

キャビネットシミュレーションも利用して、ここから直接PAなどに繋げられるように出来るのでこの機能を使います。
最近のデジタルでのアンプシミュレーションはどこもかなりのクオリティです。

住宅事情でチューブアンプが使いたいけど使えない場合、無理にトランジスタのアンプを買う必要はないと思っています。
デジタルのアンプシミュレーターを使った方がサウンドのみならず、ピッキングへの反応などもチューブアンプに近いでしょう。

スピーカー

LOGICOOL ステレオスピーカー Z120BW

LOGICOOL ステレオスピーカー Z120BW

次はUSB電源供給で動くスピーカーです
これはAmazonで大人気ですが、確かにUSBで動く小さいスピーカーとしては中々の音です。
そんな訳でG1onのアウトプットからこれに繋ぎましょう。

さて、これにシールドをつければコスパギターシステムの出来上がりです!
この価格でチューナーもリズムマシンもルーパーも使えます!


ギターやってみたいけどあんまりお金もないし、大きい音も出せないんだよなーって人にオススメです。
そして次はスタジオに行ってスタックのマーシャルを鳴らしてみてください。
本物のアンプを使うことでアンプシミュレーターを使うときの音作りも変わってくるはずです。