龍の日記

日記とギター関連雑記

もし私が婚活して推薦文を書いてもらった時にその文章が洋楽ライナーノーツ風だったら

ちょっと前に「婚活する為に洋楽ライナーノーツ風に俺氏の推薦文を書いてくれ!」と言ったら某知人が本当に超力作を書いてくれたので公開します。

Ryuが秋葉原を拠点に東京のロックシーンの表舞台に現れたのは2011年頃のことで、半ば伝説となった2012年3月のライブは記憶に新しい。


圧倒的技術力で、正確さ・速さを武器にするのは勿論だが、クラシックギターのルーツを持ち、メロディックスピードメタルを愛する彼のプレイは、むしろメロディアスかつダイナミクスに富んだ、聴く者を取り込むようなソロプレイを真骨頂としている。


Ryuと初めて出会ったのは亀戸のホルモン屋だった。彼が普通のギタリストでないことは出会った瞬間から分かった。相当なギタリストという話は前もって聞いていた。

長く、緊張してしまうほどの綺麗な黒髪、後ろから見たら女性にしか見えないであろう立ち居振る舞いは、少なくとも常人では無いことを予感させるには十分だった。


初回のリハーサルで度肝を抜かれた。こんなギタリストが居たなんて!それがTwitter経由で見つかるだなんて!

同時に、パートは違えど、そこに存在する圧倒的なレベル差に、同じメンバーとして眩暈がする思いもした。


そのような超絶技巧ギタリストともなれば、よほどの気むずかし家かと思いきや、普段は非常に気さくで陽気な奴であり、酒を飲むともなれば人一倍喋り続ける。


そんな彼の新たな試みが婚活である。

これが注目せざるに居れるだろうか。

きっと今までの常識を打ち破るような画期的な活動で、婚活会に衝撃が走ることは疑いようがない。

2016年も彼の活躍から目が離せない

名文だと思います!