読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

龍の日記

ロックバンド Aldevetz, シンフォニックメタルバンド NetherAngelに所属して8弦ギターを弾いているRyuの日記

超速ライヴセッティング(Atomic AmpliFire編)

ギター

久しぶりにこっちに書いてみる。

実は昨年からライヴのセッティングを変えた。

動きたいのでギター→ワイヤレス→チューナー(PolyTune 2)までは同じなのだが、その先を変えたのだ。
今まではKemper Profiling Amplifierだったのだが、昨年の夏のライヴからは変わった。

Atomic AmpsのAmpliFire Pedalに変更したのである。

atomicamps.com

 

これの利点はとにかく軽いことだ。
1kgくらいしかない。
そしてコンパクト。
さらにAmpliFire Pedalのフットスイッチは結構色々とカスタム出来るのだ。
それが3つある。素晴らしい。

さて、物事は全ていいところと悪いところがある。

次に悪いところ。

操作性が微妙。

これに尽きる。

本体を見てもらえれば分かる通り、最近のマルチエフェクトとしてはディスプレイが貧弱。
UIに関してはかなり他社の製品に遅れていると言わざるを得ない。

ただ、これが家などで問題になることはない。
専用のエディターを使ってWindowsMacでエディットするのだから。

しかしライヴとなるとそうもいかないことがある。

なので音はもう作ってラインで出すものだ。
iOSとかAndroidでエディタが出ればいいのにね。

ちなみにルーティングの自由度はそんなにないのもAmpliFireが最近のマルチとしては他社に遅れを取っていると言えるが、その分のリソースをサウンドのクオリティに充てているのだろうと思う。

そんな訳でAmpliFire Pedalは得手不得手が分かっていれば強力な機材となるだろう。

以前は急に音が薄くローファイになって小さくなるというバグもあったのだが、先日のアップデートで修正された。

これで外でも安心して使える機材となった。

ちなみに最近新型が出たのだが、サイズが大きいのであまり自分としては響いてこない。

atomicamps.com