龍の日記

日記とギター関連雑記

ギター機材の変遷

私のYouTubeの動画でも結構機材が変わっているのだ。
ということで、ちょっと見てみよう。
今残っている最古のものは下のやつ。

BEHRINGERのV-AMP 2というやつで弾いていたはず。

www.youtube.com

 

次にプラグイン時代になる。

最初はLine 6のPOD Farmであった。

www.youtube.com

 

次はAmplitubeを使うことになる。3だ。

コッチの方がPOD Farmより弾いていて好みだったのだ。

www.youtube.com

私にしては珍しくウェット気味な音もある。

www.youtube.com

 

で、最近はKemperが殆ど。

www.youtube.com

 

ちなみにこれはZOOMのG5。
色んなエフェクトがあるので、ちょっとだけ遊んでみたのだ。

www.youtube.com

 

ライヴに関して言うと、最近はJC-120にZOOMのMS-50Gを突っ込むだけ。

なんというか、楽なんである。

www.youtube.com

 

とこんな感じになっている。

機材の変化でそこまでサウンドは変化しないが、最近は使うアンプのモデルを変えているので前と変わっている。

昔はスタジオでマーシャル直結状態だったので、それに近いサウンドにしていた。勿論マーシャルのモデリングである。

最近はENGLだなぁということで、ENGLのプロファイルやアンプモデルにしている。結局は機材よりそっちの変化の方が大きいのであった。